work style  - 大切にしていること -


 

◆ 場所を活かした住まい

 

敷地のかたちや周辺環境、既存建物の空間がもつ個性(リフォームの場合)を活かした住まいづくりを大切にしています。光や風をどう取り込んでいくか、視線の抜けや眺望など、その場所の個性を活かした住まいづくりは、その場所にしかない暮らしを楽しむ大切な要素になります。


 対話しながら『一緒に』つくる住まい

 

住まい手との対話の中から、『一緒に』つくる住まいづくりを大切にしています。暮らしや住まいに対する思いを話し合いながら、計画する住まいへのイメージを共有していきます。住まいをつくる過程から『一緒に』考え、その過程を大切することは、「自分たちの住まいへの愛着」そして「日々の暮らしを楽しむということ」につながると考えています。


 心穏やかに暮らす住まい 

 

毎日の暮らしの基となる住まい、その空間で一番大切にしているのは落ち着きがあること。住まい手が心穏やかに過ごせる住まい、心を明るく豊かな気持ちにしてくれる住まい、そんな住まい手の心と結びついた空間づくり、住まいづくりを心掛けています。

 

 快適で豊かな暮らしのために

 

快適で豊かな暮らしのために、風通しや採光、断熱による温熱環境、スペース相互の関係に配慮した動線計画や収納計画、家具配置に配慮した住まいづくりを大切にしています。また住まいに様々な空間や居場所を配したり、回遊性のあるプランをできる限りとりいれることで、暮らしの所作・動作に合わせて心の動きやリズムが生まれ、毎日の暮らしに彩りを添えられたらと思っています。

 

 自然素材を活かした住まい

 

無垢フローリングのさらりとした足触りや温もり、漆喰のやわらかな表情、そこに映る自然光の美しさなど、その感触や時を経るとともに深まってゆく風合いはとても心地が良く心を穏やかにしてくれます。そのような自然素材のもつ魅力を活かした、気持ちのいい心地のよい住まいをつくりたいと考えています。

 

 

心地よく穏やかに過ごせる住まい

 

こころを明るく楽しい気持ちにしてくれる住まい

 

そんな住む人の心と結びついた空間づくり、住まいづくりを

 

手触りや風合いが心和ませる、自然素材の魅力をいかして

 

設計することを意識して取り組んでいます。